VOXY(ヴォクシー)を高く売るためには
2017.02.28

車のボディVOXYと言えば、今も昔も幅広い層から根強い人気を誇る名車です。そんな名車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね。そこで、基本的なVOXYを高く売る方法について、3つほど紹介していくため、ぜひ参考にしてください。

■絶対に修復歴をつけないこと
まず伝えておきたい「絶対条件」ですが…絶対に修復歴をつけないことです。修復歴とは、自動車の主要となるフレームを修理したことをいいます。よく勘違いをしてしまう間違えは「ちょっとした事故でバンパーを交換したなどの軽い修理でも修復歴ありと思ってしまう」ということ。
この程度であれば問題ありません。

修復歴ありとは…例えばですが「停車中の車に追突をしてしまい、VOXYの前部分が大きくひしゃげてしまった場合」…これはフレームも修理しないといけない可能性が高いためNGです。
フレームについて細かく説明をし始めると話が長くなってしまうため省略しますが…大きな事故は絶対にしないでおきましょう!と、ご理解を頂ければよいかと。

頭に入れておきたいのは、このフレームが一度でも修理されてしまうと、自動車自体の強度も大きく下がってしまうということ。この状態で、2度目・3度目の事故が発生してしまうと、車自体の強度が下がっているため、危険度も比例して上がってしまうことを意味します。結果、査定額が下がってしまうことになり、高く売ることができません。

■メンテナンスは丁寧に小まめに行うこと
VOXYにどれくらい乗るか?に関わらず、様々なメンテナンスは確実に小まめに行っていくことが大切になります。特に「1年点検」などの法定点検整備は忘れずに行うようにしてください。これらの点検は「メンテナンスノート」と呼ばれるノートに、メンテナンス内容が記載されることになります。そして、査定時、このメンテナンスノートをしっかりとチェックされます。

これをしっかりと行っておけば、減点(査定は減点方式)されないため、高い査定額を期待できるわけです。面倒な部分もあるかと思いますが、高く売るための先行投資だと思い、法定点検整備は確実に行い、細かいメンテナンスもしっかりと行うようにすることが大切です。

■特にVOXYは禁煙車にしておくこと
上記2つは、車を高く売るための基本的なことになります。最後に紹介するのは、VOXYならではのテクニック。それが「禁煙車にする」ということです。昨今、喫煙者への風当たりは非常に強く…中古車業界にも同様のことが言える状況です。つまり、喫煙車の場合は、査定額は下がってしまうということです。

特にVOXYのような、ファミリー層も好んでオーナーになるような車の場合…子供への影響も考え、喫煙車は敬遠されてしまう現状があります。簡単に言えば…ファミリー層も購入するため、子供のことを考えタバコの匂いを心底嫌がる傾向があるということです。市場が求めていなければ、査定額が下がるのも当然のこと。ファミリー層も購入する車「VOXY」だからこそ、禁煙車にしておくことが高く売るテクニックになります。

▲ ページトップへ